料理代行マイスター養成講座

料理代行マイスター入門講座

料理代行マイスターとは、訪問先のキッチンや厨房で、手際よく献立レシピを調理するための知識やスキルを身につけ、料理代行サービスを提供できるスペシャリストとして、世界唯一の出張調理・料理代行の資格認定機関である料理代行マイスター協会が認定しているオフィシャル認定資格です。

料理代行サービス(または出張調理サービス)は、料理の達人なら当たり前のようにできることかもしれませんが、これには「特別なスキル」または「コツのようなもの」が必要で、このスキルはビジネスとしてサービス提供するだけでなく、一般家庭の主婦にとっても「活用できるテクニック」「豆知識やノウハウ」がたくさんあります。

養成講座では実践編として、料理代行サービスのプロとしての実務レベルのノウハウ、テクニックを学びます。

まず最初に学ぶのは多くの料理関連の資格と同じく、食品の安全性についてからはじまります。訪問先のキッチンでの衛生面、安全面を確保するために必要なことについて正しい知識を持ち、どのような環境下においても衛生管理をしていけるようにするには?どのような点を心がけなければならないのか身につけていきます。

料理代行や出張調理の難しいところは、いわばアウェイな環境に身を置きながら、如何にして臨機応変に献立メニューを時間内に作りあげていけるかという点にあります。また当たり前ですがお客様あってのサービスですから、お客様の希望やニーズを把握して、満足してもらえる献立メニューの提案やコーディネイト力も問われるのです。

養成講座では、こうした点に主眼を置き、訪問先のキッチン環境や厨房での衛生面・安全性の確保のポイントや、食材の調達時に新鮮な食材を見分ける方法などのお買い物テクニック、キッチン環境が十分ではなく、必要とする調味料が不足している場合などに活用できるリカバリーテクニック、代用可能な食材の知識や冷蔵庫の残り物(あまりもの)の有効活用などの食材代用テクニック、複数レシピを同時に仕上げていく実践的な時短テクニック、調理したレシピや献立の盛り付け方法、保存方法(冷蔵or冷凍)、料理の温め方法などについて基本から応用まで幅広く案内します。

またマッチングサイトなどで選ばれる人になるためのプロフィール画像の撮り方、プロフィール紹介文の書き方、インスタ映えするレシピ画像の撮り方、料理代行サービスを円滑に進めていくために必要なビジネスマナー、事前準備、段取りなど、プロとして活躍していくためのノウハウも学ぶことができます。

●講座概要

講座テーマ:
料理代行マイスター養成講座

受講時間 :
3時間×6コマ

受講料 :
108,000円(税込)(受講料 90,720円、テキスト代 12,960円、認定試験受験料 88,640円)

お支払方法:

カリキュラム:

●料理代行マイスター協会について
https://homecooking-meister.jp/
出張調理に必要な知識、実技を身につけてもらうための認定講座を開校し、安心・安全・高品質な出張調理・料理代行サービス、出張シェフサービスを提供できる人材を育成する世界唯一の資格認定機関として2017年10月に発足しました。

協会が目指すところは3つあります。一つは一般家庭が安心・安全・高品質な料理代行サービスを気軽にアウトソース出来るような世の中にしたいということ。そしてもう一つは、認定資格を取得した人が、働く場所や仕事内容、仕事時間を自由に決めて出張調理サービスのフリーランスとして働くことができるようにしたいこと。その橋渡しになれればと考えています。